沿革・活動履歴  

日中法律家交流協会

交流及び活動実績

1974年12月~2013年3月(個人を除く)

  1. 1974年12月、第一次日本弁護士訪中代表団(団長、柏木 博・元協会会長他7名)の訪中以来、協会派遣の訪中団は、92団体。
  2. 1979年11月、北京市法制工作者訪日代表団(団長、李源・北京市人民法院副院長他5名)訪日以来、司法各機関の協会招待による訪日代表団は、60団体。
  3. 協会及び会員個人による留学生、研修生の受け入れと協会研修委員会における研修。
  4. 日中経済法シンポジウム、日中青年弁護士交流大会等の開催。
  5. 会報の発刊。

2013年4月~2014年3月(個人を除く)

  1. 4月27日、在日中国弁護士連合会と共催(中国大使館・領事部後援)して「在日中国人法律相談会」を実施した。相談内容は入管関係にとどまらず、家事、労働、近隣問題など生活に密着した相談が多岐にわたった。
  2. 8月1日~5日、若手会員を中心に全人代法制工作委員会招待「青年弁護士訪中団」を組織し、北京、武漢、上海を訪問した。2日に北京において法制工作委員会と共催し「中国の立法とパブリックコメント及び相続法の改正」についてシンポジウムを開催した。
  3. 9月11日、全人代法制工作委員会訪日団(孫鎮平国家法室副主任団長)が来日し、日弁連訪問・法律事務所訪問・座談会を開催し、歓迎会を催した。
  4. 11月5日、2013年度新人オリエンテーションを開催した。当協会理事長髙木喜孝弁護士が「中国の企業の法と制度」について講演した。講演後の懇親会に多数参加し、若手会員が多数入会した。なお、2012年9月から2014年3月までの新入会員数は47名である。

2014年4月~2015年3月(個人を除く)

  1. 5月31日、昨年に続き在日中国弁護士連合会と共催(中国大使館・領事部後援)して「在日中国人法律相談会」を実施した。
  2. 6月17日、全人代法制工作委員会訪日団が来日し、法テラス本部、日弁連会長訪問・座談会を開催し、歓迎会を催した。                 
  3. 8月21日~25日、若手会員を中心に国務院法制弁公室招待「青年弁護士訪中団」を組織し、北京、曲阜、泰山を訪問した。北京において国務院法制弁公室と共催し中国法シンポジウム「消費者権益保護法等」を開催した。
  4. 8月29日、西蔵自治区人代常務委員会訪日団が来日し、最高裁・法務省訪問、厚生労働省にて老齢年金等諸制度の研修を開催し、歓迎会を催した。
  5. 11月2日~8日、法制工作委員会招待により「シニア訪中団」を組織し、北京、桂林、霊渠、漓江、上海を訪問した。      
  6. 11月16日~19日、法制工作員会定期交流訪日団が来日し、内閣法制局、衆議院法制局を訪問し、歓迎会を催した。同訪日団はその後静岡を訪問し、静岡県弁護士会との交流を楽しんだ。
  7. 12月1日、2014年度新人オリエンテーションを開催した。当協会理事長髙木喜孝弁護士が「中国の不動産に関する法と制度」について講演した。例年通り講演後の懇親会には多数が参加した。

2015年4月~2016年3月(個人を除く)

  1. 4月4日、昨年に続き在日中国弁護士連合会と共催(中国大使館・領事部後援)して池袋にて「在日中国人法律相談会」を実施した。
  2. 8月20日~24日、若手会員を中心に全人代法工委招待「青年弁護士訪中団」を組織し、北京、山西省、五台山、平遥を訪問した。北京において法工委と共催し中国法シンポジウム「立法法改正、環境法改正」を開催した。                 
  3. 12月7日、2015年度新人オリエンテーションを弁護士会館クレオにて開催した。講演後の懇親会には多数が参加し、参加者と会員との活発な交流が行われた。
  4. 12月13日、本年2回目の在日中国弁護士連合会と共催(中国大使館・領事部後援)の「在日中国人法律相談会」を池袋にて実施した。                 
  5. 1月13日、日比谷聘珍樓にて新年会が行われた。            
  6. 3月23日、法曹会館にて協会の定例総会が行われた。            

2016年4月~2016年9月(個人を除く)

  1. 5月29日、昨年に続き在日中国弁護士連合会と共催(中国大使館・領事部,全日本華僑華人連合会協賛)して池袋にて「在日中国人法律相談会」を実施した。
  2. 8月25日~29日、若手会員を中心に「青年弁護士訪中団」を組織し、全人代法工委の紹介を得て最高人民法院と中国法シンポジウム(司法改革)を開催した。その後、河北省承徳を訪問した。                 

2016年10月~2017年3月(個人を除く)

  1. 10月19日~22日、山岸会長を団長とする中国法学会招待の訪中団が訪中。吉林省長春における「日中韓法律セミナー」に参加した。
  2. 11月6日~9日、法制工作委員会の訪日団(団長、楊明侖法規届出審査室主任)が日本の「違憲立法審査権」の研究のため、来日し、衆議院法制局、最高裁判所を訪問し、その後静岡を訪問、静岡県議会を訪問し、静岡県弁護士会と協会の静岡の会員の歓迎を受けた。
  3. 12月7日、弁護士会館において、「新人・若手のための中国法オリエンテーション」(第7回)を開催した。当協会理事長の髙木喜孝が「中国人との離婚調停・訴訟」を講演し、在日中国人弁護士を囲む座談会を開いた。                        
  4. 3月29日、埼玉弁護士会館において、「中国法セミナー(中国人との離婚訴訟、中国人の相続)」を開催し、横浜、静岡に次いで協会の中国法セミナーを展開した。            

2017年4月~2018年3月(個人を除く)

  1. 2017年6月10日、池袋において、在日中国弁護士聯合会と共催(中国大使館協賛)し「在日中国人の為の法律相談会」を開催した。
  2. 2017年8月24日~28日、全人代法制工作委員会の招待で、「2017年青年弁護士訪中団」を派遣し、「中国の民法総則」についてシンポジウムを実施した。その後、寧波・紹興・広州を訪問し、各地の人民代表大会の歓迎を受けた。
  3. 2017年9月18日、ローエイシア・東京大会に参加の法学会訪日団を歓迎する午餐会を開催した。
  4. 2018年2月2日、福岡において、福岡弁護士会と共催して「中国法セミナー」を開催した。

日中司法関係交流記録

ページのトップへ戻る